スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スガシカオさんのblogに・・

高木いくのちゃんのアルバム「やわらぎ」。
毎日聞いています。
ぽっちとぼっち 好きです。
恋 心がいっぱいになります。
生きる 落陽 ・・・心が伝わって「そうだねいくのちゃん」と思う。

その「やわらぎ」がスガシカオさんのblogに紹介されていました。

http://ameblo.jp/shikao-blog/entry-10740331463.html

Rさん、教えてくださってありがとう。
イラスト屋制作のジャケット画像まで。嬉しかったです。
スポンサーサイト

高木いくのちゃんの唄。

今日は 申し訳ないけれど ゆく年くる年を3時からIちゃんにお願いして 次女と妙高へ。
高木いくのちゃんの復活ライブ。
和(やわらぎ)を聞きながら今日を心待ちにしてた。
会場は満席。観客みんなのわくわくした気持ちが温かい空気を作り出していた。

いくのちゃん…
とても言葉にはならない。あなたの澄み切って すこしだけ優しくかすれた伸びやかな歌声は どこまで届くんだろうってくらい力強く 心にいっぱいになった。
涙が止まらなくて困ったよ。
いくのちゃんの復活に少しでも 関われた事を幸せに思い あたしも勇気をもらってる。
誰かの心に届くもの。
きっと届くもの。

そう信じて歩こうね。

ありがとう。高木いくのちゃん!!

和…やわらぎ。


高木いくのさんと言う方から メールが届いた。
CDのジャケットを描いてくれませんか?と言う内容で HPのURLからblogに飛んだらたびのそらやさんの事が書かれていた。
そらやさんで打ち合わせの前に CDを送って頂いて聞いた。
澄み切って力強い とても心地いい歌声が流れてきた。
最近の歌い手さんはあまり知らないけれど 彼女の唄はとても良質だと思う。
ジャケットの絵は あくまで自然体でちょと寂しいやさしさ…を描きたかった。
鹿に会ったんです!と子供のように語るいくのさん。だから 鹿とふたり。
構築じゃなく 自然に描きたい。
そう思えば思うほど 自然じゃなくなる。
ただ 描きたいものを毎日描く…自然体だね。でも 仕事として受けて お客様の意向を意識すると自然体がむずかしくなる。力が入る。
今回は力が入ったものは全部失敗。やっとヌケタかな?と思えた一枚。

CD完成が楽しみ!

ぽっちとぼっち。


愛犬パンコと 床にねっころがっていたら
そのまま爆睡しそうだった…

アルバムジャケット描かせて頂いた 高木いくのさんの唄。
ぽっちとぼっち。
ふたりぼっちとひとりぽっち…

「例えば昨日出所したとか、触れられない秘密があるひとと宇宙で踊ったり歌ったりしたいんです。どんなに許されない事や罪深い事をしても胸の奥にはなくなることのない愛があるから…」って 彼女は話してた。

憎まざるを得ないほどの出来事から ひとを許すことは むずかしいんだろうね…

憎むほど ひとに執着できずに 諦めてしまう自分は 情に欠けているのかなぁ。

明日 考えよう…
(いや…明日も仕事がどっちゃりか…)

I MISS YOU…


このカレンダーは あたしの海の絵十二枚で blog「ステンドグラスと犬」 の宮下あつよさんが作ってくれた。二十数年前は こんな絵ばかり描いてた。
銀色の雨のBeach。雨だろうが嵐だろうが海で遊んでた頃。あの頃の仲間が またひとりあっちの世界にいってしまった…
もう遠い友達だけれど 笑ってたよね。みんなでさ。
…信じられないね。

今日はお世話になってる委託店の方にズッキーニ頂いた。レシピ描くね!しばし お待ちを。
唄い人さんに アルバムjacのラフ見て頂く。すごく喜んでずっと眺めてて 嬉しかった。いい絵描くからね。会うのは二回目。だんだんと深く彼女の事知っていく。自然のリズムから生まれる唄なんだね。きっと。
今日の打ち合わせはそらやさんだった。明日もそらやさんに来る予定。
文化協会(上越の文化人重鎮の会)に呼ばれて 美人といふものについて語り合う。
夕方サプライズ似顔絵納品。大受けに喜んで下さって よかった。
誰もがいつかはこの世界にさよならする。目一杯自分を生きたいね。
描くこと 愛すること 出来るかぎりの事を大切に。人として生まれて来て 感じる心を持ち得た事に感謝。じゃなければ 勿体ないよ。ポジティブ・バイブスばかりじゃなくて 生きてることがしんどい事もあるけれど必ずいい波くる。
忘れちゃいけない夢があると思う。
ガンバロウ!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。