スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難勧告?!

直江津まちなか。祇園のちょうちんが「また来年」と雨風に揺れる。
なんやら呆けたような気分で、高田。次女と高校の面談へ。
もんのすごい雨がどちゃどちゃ降っておってずぶぬれになって、服は素敵なグラデーションに。
笑うしかないわ!
面談も終わり、次女の友人たちを紹介してもらう。
DSCN1580.jpg
眼力のエミューくん。DSCN1583.jpg
このこの方が付き合いやすいと思う。

DSCN1586.jpg
牛さんの場合、強い牛は先に餌を与えるために牛舎の入り口近くに飼われてる。確かに入り口の牛さんは頭をなでると角を振る。このこたちは奥の付き合いやすいお友達。DSCN1589.jpg
やぎくんとひつじちゃん。やぎは勝手に次女と同じ名前をつけられてるらしい。ひつじちゃんは結構暴れん坊で、頭突き名人。上にのっかかれたら肋骨が折れるとか、どんなシチュエーションだ?DSCN1597.jpg
コケッコさんたちやかわいいうさこちゃん、エミューのおこちゃまもいる。
そして・・・・DSCN1599.jpg
ぶーーーー!
豚舎に入ったら、ぶーちゃんたち、どたばたと奥に逃げたけど、じきにぶひぶひ集まってくれた。
次女いわく、「仲間だってわかったんじゃない?」失礼ぶー。
この方たちは何回起こしても爆睡状態。DSCN1602.jpg
DSCN1601.jpg
かわいいコブちゃん。
ちなみに次女は畜産科。

その後買い物していたら、なぜかメールが続々と・・・
なんと我が家の地域に河川氾濫のための避難勧告が出たらしい・・・・!
近くの保倉川は上流の東頸城が大雨。関川との合流がスムーズにいかなくなると増水の可能性があるそうだ。保倉川周辺には町内の方々や消防が様子を確認に集まっていた。
濁流が渦巻いてるけど、それほど水位はあがっていない。DSCN1616.jpg
DSCN1618.jpg
ご近所のKちゃんと、とりあえずニューハルピンに避難?して、ラーメン、チャーハンを食べた。
その間もあつよんから防災ラジオで避難勧告!のお知らせあり・・(それよか昨日のおせん米中継の自分&県警が気になる)で一旦様子を見に戻るも、港町育ちのMちゃんの「もう下がってるし大丈夫」の一言で再び荒川橋を渡る。Kちゃんに旧図書館まで送ってもらって、お客様のお宅へ。
ご家族と窓から見える桜の木を描く。久しぶりの桜・・・とてもHAPPYな桜!嬉しいな。
スポンサーサイト

わっしょい!おせん米。

直江津祇園祭 あっという間の四日間。
本日はおせん米奉納。

おせん米展最終日。
堀川紀夫さん,SnowFlakeさん、momocoさんとげんちゃん。
話したいなーと思ってる方々と作品を通じて会えることは 本当に嬉しい。
昨日いらして下さったお客様に、新作の港町屋台がお嫁入り。
切望してくださる方のお宅に飾っていただけることが、作品にとって何よりの幸せ。
ありがとうございます。
安国寺の男衆。祭りスタイルを素敵に楽しんでいていいなー。DSCN1226.jpg
そして地区青年会の方々が直江津祇園祭を守り、成り立たせている。(いつも参道にはみ出してごめんなさい。)
DSCN1225.jpg
雨が心配な黄昏に、おせん米奉納の順番を待つ屋台が並ぶ。西本町の通りが華やかに勇壮に、活気が溢れる。
行き交いながら、知ってるひとに会えるのが楽しいな。DSCN1227.jpg
今年の奉納の皮切りは、住吉町。そして四ツ屋。太鼓がどんどん激しくなる!DSCN1239.jpg
沖見町。わっしょい!DSCN1254.jpg
DSCN1279.jpg
天王町のちっちゃいこたち。かわいく一生懸命。DSCN1294.jpg
そして東雲町。男衆も女衆もかっこいいです。太鼓にもうっとり。お見事です。DSCN1315.jpg
八幡。凛々しいです!DSCN1321.jpg
そして浜町は纏です。Sさんは毎年屋台の屋根にいます。いなせだこて!DSCN1371.jpg
DSCN1387.jpg
港町です!!わっしょい!やっぱりね・・・自分の町の屋台が最高!ってわかります!
わっしょいだーー!DSCN1393.jpg
DSCN1409.jpg
福永町。金輪のおねえちゃんたち。しゃんしゃん!DSCN1443.jpg
本町屋台。土肥さーーん 豆大福わっしょい!DSCN1464.jpg
またまたかわいいしゃんしゃんさんたち。御幸町。DSCN1476.jpg
石橋1,2丁目屋台。子供神輿が元気いっぱい。DSCN1482.jpg
DSCN1486.jpg
荒川町。ついわっしょいしちゃう。DSCN1500.jpg
そして安国寺。毎日朝から屋台と祇園囃子の子供たちも、まだまだ元気。
今年も最後のあけぼの屋台・・・わーっしょい!よいやさぁー。DSCN1509.jpg
Kちゃんもわっしょい。あけぼの屋台は奉納が終了しても、いたこの音色でまだまだこれから・・・DSCN1536.jpg
DSCN1543.jpg
駅前通りを滑走!昼間Yちゃんに聞いた数々のあけぼの武勇伝を思い出した。いつまでもこのパワーを!爺ちゃんいなってもね。・・・・そーーれぃ!
帰り道、まだまだ元気な本町屋台が嬉しい。だいじごさんに屋台が帰る。DSCN1564.jpg
荒川橋をゆらゆら渡ってく港町の男しょひとり。祇園の終わりの風に吹かれて、まるで夏が終わったような・・・
今年もご苦労様、ありがとうございます。直江津祇園祭・・・また来年。

八坂さんの神輿。

午前八時には町内会館に屋台巡行のために親子さんたちが集合していた。
こうして自然に受け継がれていくのでしょうね。
お天気が心配な三日目。

おせん米展に、Hさんご夫婦とここち・すたいるのAさんがいらして下さった。嬉しいです。


沖見町の三人のお客様、それぞれ絵葉書を楽しそうに選んで下さって、「兄弟なんです」って、何か楽しい。
マイヤさんときらきら屋さん、どこへ嫁ごうとも直江津人のSちゃん。あつよんゴ夫婦・・・かわいいシルバーのおうむちゃん作ったね(・・・リンク・ステンドグラスと犬参照)
そしてSちゃんからメール・・・・なんと悪天候のため、本日の民謡流しとあけぼの屋台運行中止。
八坂神社の神輿帰還を見に行く前に、雁木をてくてくとugaちゃんアトリエへ。香港も祇園飾り。
DSCN1137.jpg
ugaちゃんちから。瓦屋根っていい。
DSCN1139.jpg
そして、八坂神社。美しいです。ここに神様が帰ってくるのです。DSCN1148.jpg
背景の直江津タワーもいいな。
本堂の脇には昔のお神輿が現役のお神輿を蔵で待っています。重さは一トン!この神輿を頭上にかかげてお走りを行った昔の男衆。あっぱれ。DSCN1149.jpg
御幸町の担ぎ手さんたちが高田から帰ってきた八坂さんのお神輿を担いでやってきます!
DSCN1163.jpg
割烹美乃の横の細道は、神輿を傾けながら・・・昔は側溝の蓋がなかったので、さらに道幅は狭く、もっと傾けたそうな・・・そして鳥居を潜り、いよいよ八坂神社境内へ。DSCN1180.jpg
境内を勇壮に走る神輿!2周は肩に担ぎ、三周目は頭上に担ぐ!DSCN1188.jpg
DSCN1189.jpg
直江津祇園のクライマックス、29日のおせん米では、直江津19町が八坂神社の神様に米俵を奉納して祈りを奉げます。その大切な神様が神輿から神社に、神主さんに抱かれて帰還されます。この大切な儀式あってこそのおせん米奉納なのですね。DSCN1199.jpg
DSCN1202.jpg
23日に高田へ徒歩で向かい、川下りで直江津に帰ってきた神輿は、先ほどの昔の神輿鎮座されている蔵に収められます。今昔の神輿が向かい合って、語り合っているように思えます。ご苦労様。DSCN1210.jpg
神聖な儀式が終わり、男衆はまちなかの馴染みの飲み屋さんへ吸い込まれてく・・・
車の来ない本通りを幅いっぱいのスラロームで駆け抜けていく本町屋台に遭遇。祇園囃子を響かせながら。港町屋台も荒川橋を渡って、帰っていく。わーっしょい!よいやさー。
結局夜半になってからは雨あがる。民謡流しは残念だったね。

屋台巡行。

DSCN1084.jpg
祇園囃子が聞こえてくる夏の朝。
昨年の夏、高田から通った「おせん米展」。
直江津は朝から一日中、屋台が町から町を巡る。祇園囃子とわーっしょい。
その空気に惚れてしまって、直江津への引越しは決定的になった。

個展会場に通う道すがら、出会う屋台が嬉しい。
御幸町の屋台はぎりぎりの細い坂道を登っていく。DSCN1091.jpg
安国寺の屋台のお囃子に、家から出てきたお婆ちゃま。
眺める姿に愛しさが溢れていた。祇園への想いはみんなの心の中に自然にあるのね。DSCN1102.jpg


昨日予約下さった東雲町の名入れ巾着を取りにいらしたお客様。
「雨だから、子供に着せる明日の着替え用の半纏買いにいくんです」・・・とのこと。
帰り道、時折強く降る雨の中、東雲町の屋台。石橋1,2丁目の屋台。
屋台はぬれないようにカバーをかけてるけれど、大人も子供も雨の中で祇園囃子。
笛も太鼓も臆することなく鳴り響く。
一旦家に帰ったけど・・・・・
とってもじっとしてられません。おいらも濡れていきます。

てなわけで、雨の屋台巡行を追いかける。
いつもお立ち寄りくださる素敵なご家族も、御幸町の屋台に。DSCN1112.jpg
浜町 沖見町・・・DSCN1114.jpg
DSCN1121.jpg
雨はしとしと・・・そういえばあけぼの屋台に会わないなーー。
まちなかをぐるぐる回って、屋台の明かりとお囃子を追いかけてると、子供に戻ったみたい。
四ツ屋の屋台が帰ってきた。おかえりなさい。DSCN1130.jpg
雨に濡れたって、みんないい笑顔。住吉町のお囃子は力強くて、雨に負けじ。DSCN1132.jpg
帰って、仕事部屋にて。家のあたりで港町屋台がお囃子。りりたんとしばし見とれてしまい・・ご祝儀忘れた!!
追っかけたけど行っちゃった・・・・ごめんなさい、明日は必ず。

直江津祇園祭はじまる。

DSCN0963.jpg
屋台のお囃子が。どこからともなく聞こえてくる四日間が始まった。
浴衣のかわいい女子衆がちらほらとお立ち寄り。
ご近所のMちゃんは薔薇の浴衣。次女のお友達は彼氏と待ち合わせ。
DSCN0878.jpg
DSCN0879.jpg
ご近所のそうらん亭さんで卵丼と餃子を仕込んで、目指せーー荒川橋!
宵闇に19町の屋台が並ぶ。kukkaのKちゃんと友人のHさんに遭遇!
DSCN0906.jpg
花火が次々とあがり、高田から川を下ってくる神輿が近づくにつれて、それぞれの屋台のお囃子は最高潮に。
わっしょい!のかけ声が響く。素敵だよ、直江津人。いい男といい女ばっかりやん。DSCN0974.jpg
DSCN1008.jpg
あけぼの屋台の龍神さまも新しい西陣織の衣装。DSCN0926.jpg
いよいよ神輿が上陸。各町内の担ぎ手たちがじわじわと集まる。
DSCN0948.jpg
DSCN0954.jpg
男衆の掛け声と迎える屋台のお囃子が熱く駆け巡る。こうでなくちゃね。
DSCN1017.jpg
屋台だーー神輿だーー!て追っかけてると、同じく祭り気分絶好調の友達に会ったりして。DSCN1063.jpg
神輿は荒川町へ。DSCN1061.jpg
屋台はわーっしょい・・よいやさーと、それぞれの町へ。DSCN1075.jpg
つらい出来事がたくさんあったこの国で、けっして大きな町ではないけれど守り神を讃える熱い祭り。
その思いが天高く届きますように!

明日は花火。

今朝、荒川橋にて。DSCN0875.jpg
わかりますか?イルカが並んでるー。
今年は屋台の並ぶこの橋に、立ち止まってはいけないそうな。
関東の方へ・・・屋台はこちらでは山車のことです。直江津19町の屋台が高田をまわり川くだりで帰ってくる八坂神社の神輿を、にぎやかなお囃子で迎えます。
一月ほど前から、神輿を載せた船が座礁しないように川底を掘り、河川敷のごみをかたづける重機が働き続けていました。まちなかもなんとなくこざっぱりしています。
そして「おせん米展」にお立ち寄りくださる男衆・・・新しい雪駄が袋からのぞいてる。そして髪もすっきり。
この心意気が素敵です。ジャージーだとかネクタイに法被で神輿をかつぐなんてご法度ですね。
おかあさん三人組が、お菓子でも選ぶみたいに絵葉書選んでて、とても楽しそうだった・・・
いつものパターンだけど、引きこもって描いてたぶん、ひとに会うのがほんとに嬉しい。
久々の取材のタイムスのMさん。会えてうれしかったなぁ。そらやさんも!ありがとう!!
初日から あつよん&しんちゃん Sちゃん ugaちゃん Hさんcochicochiさん あわゆき組のOさん
葉書を届けてくださったNさん きらきらやさん Mさん・・・・

そしてまたレターセットつくり。あ!というまに売れてしまったの・・・

レターセット。

つくっちょります。
いろいろ組み合わせて。
楽しいけど今夜こそ早寝しますわ。
レターセット。


続きを読む »

はじめの一日。

今日から高田の祇園際。
そして「おせん米展」も初日。
DSCN0870.jpg
塩浜屋台の絵が旅立っていった。東雲町額装複製画も・・。ありがとうございます。
DSCN0871.jpg
東雲町の方のご注文で、巾着に町名を入れた!かわいいなーー。
DSCN0873.jpg
絵葉書はみんなじっくり選んで買われる。今日は花火が一番人気。屋台は天王町が出てる。
DSCN0872.jpg
祇園ノート 夕べつくったの。作るのが楽しいのだDSCN0869.jpg

参った狸。

目でわかる。

まじに 心配でした。夕べこそ快適だったけれど ここ数日の暑さで 気持ちはあるのに集中力が途切れがち。
そして三十点以上の展示と二百種類以上の絵葉書の準備…
(自分が描いたんやろが)

心臓バクバクでしたが お手伝い頂いてほぼ完了です。

おせん米展…直江津祇園を愛する方も 知らない方も きっと楽しんで頂けると思います。

KさんとUgaちゃんと のざきのフライでテコ入れしましたから!!

直江津祇園がま口と巾着。

先日作成した布で マイヤさんに作って頂いたがま口と巾着。
DSCN0865.jpg
巾着はお好みで19町の町名が入るよ。

DSCN0868.jpg
がま口は豆がま、親子がま、大きいがま。
内側の布も和風だったりドットだったり、お好み次第。

今日は大嶋画廊にて額装。ウガちゃんTシャツマーケット覗いて、
夜は親しいひとたちとSoul。
帰ってパンコ散歩がてら Kちゃんも一緒にセブン。
夏の宵は、ついついセブンでアイスクリーム!夜風がきんもちいい。

おせん米展。

DSCN0859.jpg
祇園にあわせて、お楽しみください。
「おせん米展」
三年目の開催となります。

エルマール一階広場にて。
7月23日(土)から29日(金)まで
10時から18時(最終日17時まで)

原画の展示・絵葉書・複製画・がま口 ノート 巾着Tシャツなどの祇園グッズ販売もあります。
(絵葉書は全種類販売します)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎年ながら過酷な暑さの中に制作。描きたいものがたくさんあるのに
体力がさすがについてかず・・
直江津に暮らすまでは、お祭りとしてのおせん米に惚れてたけれど
今年感じることは、直江津祇園は神事なのだということ。
周囲の方との関わりや、日常の話の中で伝わってくる。
だから引き継がれ、熱く語られ、皆がこよなく愛しているわけだ。
猛暑の宵に、笛や太鼓を習い、26日に神輿が高田から帰ってくれば
それこそ灼熱のまちなかを引き継いでまわっていく・・・・
直江津人のDNAの中に祇園への敬意が組み込まれているのかも。

みんなに喜んでもらえますように!
描いてるそばで 画材と一体化のりりたん。DSCN0863.jpg




りりこの日常。

DSCN0856.jpg
あたしには風の通り道がわかるのよ。
気持ちいいーーんだから!

とまどろんでたと思ったら・・

雨がふる前にパンコの散歩に行って 帰ってきたらば
どこ探してもいないりりたん。
網戸が開いてる!!
いつも隠れてるダンボールの中にも
バッグの小山の中にもいない。

外を見回したけど姿は見えず、
雨風になったらどーすんの!と思いつつ 。。。
夕方次女が帰ってきて「りりがいないよ」と話していたら、
廊下でにゃーーー。
どこ行ってたんさ。。。。。

かもめマンション。

DSCN0850.jpg
朝市に向かう荒川橋。街灯にかもめたち。
東京その日暮らしから一時帰宅?の長女に、この際たんまり野菜を食べてもらおう!
と言う訳で、枝豆 いんげん トマトにオクラピーマン・・
きゅうり12本200円の父さん。半分でもいい?って聞いたら、いいよいいよと言いながら袋に十本。
で、100円でいいよ・・・て!ニンニクも買わせてもらったよ。
朝市通りの古い家がどうもいつも気にかかる。DSCN0853.jpg
カーテンがこの花柄じゃなかったら気にならなかったかもしれない。
ブロックが置いてなかったら今ひとつかもしれない。
・・・絵にしたいと思ったら そこは自分だけの景色。待っていてね。

長女は友達と苗名の滝へ。次女は友達と海へ。
おかんは今日から個展搬入日までは追い込み。引きこもり。
DSCN0854.jpg
太鼓の音が描かせてくれるから 昼間聞いてたカラパナはおっしまい。
夕ご飯はKちゃんからもろたトウモロコシとトマト。ささ身と厚切りハムとピーマン、いんげん、キュウリのカレー炒め。

ガンバコルタから花地蔵。

先日 七里ガ浜に来てくれたMちゃんから宅急便が届いた。
娘たちにワンピースなどと、手作りのラベンダーのサシェとハワイのステッカー。
何より嬉しいのは心のこもったカード。お返事書くね。
DSCN0824.jpg


ついついあっちぃなーーと呟いてしまうよね。今日は高田。
久々に建築士のSさんと、ガンバコルタ。Sさんはナスとトマトのフジッリ、自分は黒オリーブとチキンのパスタ。
やっぱり繊細で美味しいな。いつまでも楽しんでいたい味。いちごのババロアもふんわり美味。
DSCN0825.jpg
そしてギャラリー花地蔵へ。舟見倹二さんの版画新作展。
DSCN0829.jpg
あーーーポンコツ画像では全然伝わらないなぁ。限りなく繊細で、凛と問いかけてくる舟見先生の作品。
そして楽しいリズムを感じるの。舟見先生とお話するのがとても楽しいのと、同じ。
夏は絵具の乾燥が早くて、どうしても冬に篭られて制作になってしまうそうだ。お会いするといつも、「今何しているの?」と尋ねてくださる。先生は年間20回のイベント、展示などをこなされているそうだ。
素晴らしいエネルギーで、とても自然体。そしてかっこいい自転車。尾木ママを彷彿とさせる優しい物腰が素敵な舟見先生。直江津のスケッチたくさんされていらしたそうで、それも気になるなぁ。
大嶋画廊にてコピック10色補充。連日の制作でかなり限界だったから、これでちょっと安心。DSCN0849.jpg


夕日に染まる海を、ボートが帰ってきた。釣れたかな?
うちの夕ご飯はKちゃん息子ちゃんが釣ってきた小アジのから揚げ。DSCN0840.jpg

ちょっとラグジュアリー。

えっ?!って驚かれると思うけど、本日我が家は網戸がついた。
風のここちよいこと・・・大家さんが「ここんちはクーラーいらないんだわ。」と言ってたけど、ほんと。
首てぬぐいで団子頭で描いてると 水分とるのもめんどうになるんだけど、まだ生きたいから気をつけなくちゃね。
だけど今夜はちょっと素敵な気分だった。

オステリア・サカヅメさんにて。
ちょっとラグジュアリーなコンサート。
フルートの高橋由美さん。シンセサイザーの近藤則絵さん。歌は山崎弘子さん。

DSCN0820.jpg
息のぴったりあった三人。モーツァルトからカーペンターズなど。
マイ・フェア・レディの「I could have danced all night」よかった・・・
うっとりと聞きながら、次回の海辺の絵葉書屋のためのモチーフがひらめいたりして。

夜の八幡さんでは 祇園のお囃子の練習が。子供達が大人に教わって一生懸命。
この光景を見ると、なんだかじんわり直江津愛が深まる。
DSCN0822.jpg
夕ご飯はパーラーオオタキでウインナスパゲティ。パスタじゃないよーー
ケチャップたっぷりの赤ウインナのスパゲティ。この昭和パンチが夏にはぴったり。
Kさんとあれこれ話ながら、先日七里ガ浜で感じたのだけれど、
「そこ」でお客さんに求められるモチーフ。描くのはあたし自身なのだから、「そこ」のモチーフも「ここ」のモチーフも 何を描いても描きたい情熱があればあたし流に描けるはず。それが自分らしいと思う。この町を描き始めたときも、すべていちからだった。好きで積み重ねてきてたくさんのひとと出会えた。これからも積んでいきながら、新しい何処かでもいちから重ねていきたい。向学心のない自分にとっては、そういう努力が生きてくことなのかもしれないなぁ。
隣りでりりたん。
見てるとこっちも眠たくなるけど、もうひとふんばり。
DSCN0823.jpg

本多の鰻。

今夜は太鼓の音が一段と激しい。
どどんどんっと休みなく聞こえるの。
明日は夜の散歩だなーー。じっとしていられんわ。

今日は以前お仕事ご一緒だったデザイナーさんに、飯山の本多の鰻をごちそうになった。
明治から続く老舗の鰻屋さん。自分はご飯がたれ色になっちゃうよりも本多のあっさりたれが好き。
鰻がまた美味いんだもん。ふっくらしてさ。以前某料理屋さんでカピカピになったうすぺらい鰻が出てきたときは丼投げたくなりました。食べたけどね。


この頃パンコの散歩は夕方の港。
直江津港。港って男の世界だね。見たこともない重機や大型トレーラーがいっぱい。
いつも気になるスターウォーズ的な手長機械。巨大なんだよ。

DSCN0816.jpg
今日は風力発電もくるくるとリズミカルに回ってる。

DSCN0801.jpg
うみねこがみゃーーーーーみゃーーーーーと飛び交うsunset。
DSCN0806.jpg
パンチロベエもちょっと黄昏てる?DSCN0814.jpg

つっかけ新聞。

昨日 港町のセブンのレジで発見!!
読みたかったんだーーつっかけ新聞。

直江津小イラストクラブに、つっかけ新聞を作られた三人衆ぐるわーずのおひとりのお嬢さんがいるの。
「見たよーーいいね!」て、思わず言ったら「あれねーー大変だったんだよぉ」って。

DSCN0796.jpg

内容濃いもの。19町内の総代さんの似顔絵とインタビュー。祇園祭を愛する心ならではのこだわりの解説。
大好き つっかけ新聞。提灯や俵をあしらったレイアウトもこたえさんないわ。

久々にZESTに寄り道。おんとおまんだしけね・・・Kちゃん。とりあえずイロイロがんばってこうさ。

DSCN0795.jpg

と・・・暮れかかる空とどこからともなく聞こえる太鼓のどんつくも、言ってるでね。

やっぱり海だったりする。

おせん米展DMデータを送って、午後は直江津小イラストクラブ。
今日はみんな、耐水マーカーでペン入れが目標なんだけど・・・
素晴らしい集中力の女の子がいる。絵の世界にすっぽり入っていて、酔うことを知ってる。
そっと眺めて、こっちがわくわくしてる。
先月お休みだった男の子もがんばってた。松の葉っぱを一生懸命描いた女の子たち。
すごく生き生きと生い茂る木を描きあげた男子・・・このこは鉛筆デッサンで絵が完成しちゃった。
願わくば、もう少し時間が欲しいね!

帰りは海に寄り道。DSCN0776.jpg

もう泳いでるひともいる。
ちょい入ったら気持ちよかった。
そしてサンシャインがきらきらと愛しく輝く。

DSCN0785.jpg
波がつくった砂の紋を感じるのが結構ツボ・・・
やっぱり海はいいなーー。

夕立。


S様宅に 額装された絵を見に行った。
懐かしい感じの応接間に 自分の絵が嬉しげに飾ってあって 描いた本人もやっぱり嬉しい。
ご兄弟に配られた印刷の作品もとても喜んで下さった。

嬉しい気分の帰り道 もんのすごい夕立。チャリカッパ仮面爆走だよ!!!!
アホみたいにずぶ濡れ…

夕べは亜馳也にてミーティング。そしたら帰り道またしても雨。
まったくもっての雨女。

灼熱のフリマ!

10日日曜日は 七里ガ浜のフリマ。
かさはら珈琲さんお世話さまです。


DSCN0771.jpg
朝の7時から七里ガ浜にて。お天気最高!
お店もいろいろ・・・アロハやら野菜やら駄菓子屋さんやら雑貨やら・・・
うちは絵葉書 Tシャツ マグカップ がま口 バッグ 木酢液など。
友人のN子ちゃんやMちゃんがあっつい中来てくれて、感激でした。
なんたって湘南のHAPPYな雰囲気が楽しいの。先月来たときも思ったけれど、ここで服をまとめ買い的なお客さんも結構います。レインズやアバクロもたくさん見つかるものね。お隣さんのお店も掘り出し物がたくさんあって
常に人だかりでした。うちはそれほどでもないけれど、お客さんと向き合うのは楽しいし、次への手ごたえもらえるね。
マイヤさんのがま口、やっぱり古いアロハ生地のものが売れました。絵葉書は断然動物ちゃんのもの。
水着の男の方が選んで買ってってくださるのが面白かった。Tシャツも動物ちゃん。なるほどなーー。
お昼はファーストキッチンのハワイアンバーガー(かさはらさん、すみません!)めちゃおいしかった!
ビキニでお買い物・・・女の子から熟女っぽい方も。アフロや全身ミリタリーのお方やら 行きかうひとを眺めてるのも楽しい。海にはヨットや波乗り・・・太平洋の一日でさらに日焼けしてしまった。

終了後はMちゃんと昔みたいに海眺めながら、とりとめなくお茶してた。すっかり海っぽくなったご主人が現れて
また近々ハワイだそうでいいなーー。

そして横浜にて母と次女と合流してお寿司。
渋谷にて長女と合流してケーキ。逞しいんだか危なっかしいんだか、彼女が落ち着くまでは自分も落ち着かない。もうcafeも寒くなってきちゃうし外で娘ふたりと109から出てくる店員さんを眺めながら話してた。
なんだかこの雑踏が やっぱり故郷なんだと思う。
直江津には 生まれた町を素敵にしたい!と情熱をもつ友達がいる。自分も故郷のために出来ることがあるのかもしれないね・・とふと思ったりして。


渋谷ファイト。

昼過ぎに東京到着。
またまた お決まりの渋谷。
109の店員の女の子たち… 次女は「体育会系じゃなきゃできないかも…」確かに。
Sale中だったんだけど どこの店も 椅子の上に立ってメガホンでタイムサービスのカウントダウン
笑顔も絶やさず…
元気ないひとは勤まらんね…
次女が試着してるとき 話してみればご実家が三条だったり。
がんばれ109GirlS

つばひろの帽子を買ったよ。明日のために。

高張提灯。


夜空に浮かぶ19町の高張提灯…
自分の中では 直江津祇園の象徴かもしれない。神輿を迎える提灯がわらわらと進んでいく。
毎年の景色なのに いつもときめくな~。

おせん米巾着の布に さらに手を加えるも 一部失敗…シクシク(T_T)
いつも酒屋さんなど商店の藍染め前掛けが手に入るとトートバッグに仕立ててもらうけど…
逆に 前掛けを作るってのはどう?

お知らせ☆七里ヶ浜フリマ。

十日の日曜日は 朝の七時半くらいから
七里ヶ浜の駐車場の会場にいます。
4時くらいまでかな!
絵葉書 Tシャツ マグカップなど 前掛けで作ったトートバッグやマイヤさんのがまぐち、BIJOUARTも持っていきます。ZESTさんの炭から作ったアレルギーに効くローションなども。
江ノ電七里ヶ浜駅下車です。
ぷらっと遊びに来て下さい。


今日はセンター病院七夕祭でした
細谷画伯とプリンター談議したり
土の香工房さんと馬談議したり
あつよんとマダム談議したり
Sちゃんと久々に会ったり
momocoさんちのげんちゃんが元気ちゃんだったり
ボストンテリアのてんちゃんのお客様にお会いしたり、
なんだかみんなが笑顔の楽しい日だった。七夕なんだね

七里ヶ浜フリーマーケット。

夜風にのって、川向こうから祇園の太鼓が聞こえてくる。
今年我が家は町内神輿担ぎ当番。
おせん米展あるけれどIちゃんにアルバイト頼んで当番に参加するど!邪魔にならないようにくっついて歩くけど

週末十日 日曜日。
先月覗いた七里ヶ浜のフリマに参加します。かさはら珈琲さん、お世話になります。

七夕祭り。

雨がたくさん降って 海は濁っていた。晴れたら鴎が嬉しいんだろうな。
夕方になると 町のあちらこちらで笛や太鼓。直江津だなぁ…何とも言えず いい。
夕方 Uga展 も一度ゆっくり… と出向いたら そら屋さんにばったり!!ミラクル~~よくばったり会うんだよね。そして笑った顔が浮かんでくるって事にきっと何かが繋がるんだろうね。

さてさて
あさっては七夕…
南高田の上越地域医療センター病院にて
七夕祭りがあります。
10時から3時くらいまで お店が並びます。

かさはら珈琲
クレープのサニーズ
くるみぼーるのスイーツ
土の香工房cotocoto
momoco
きらきら屋
SnowFlake
細谷晶夫
アトリエUga
イラスト屋ひぐち

気軽に遊びにいらして下さいね~~

Uga展としおまねき。


昨日から今朝にかけて 時折すご雨。
中庭のパンコは かわいそうに小屋で小さくなってる。
車庫をかたづけてパンチロべェの避難スペース作った。

昨日はKukkaにてUga展。十日までです!
佐渡だね Ugaちゃん
コブダイくんがタペストリーから飛び出してきそう…
あたしはこの波が好きだな~
数年前初めてアトリエUgaに行った。
マイヤさんとタカミちゃんとゆるゆる話しながら ここって海の中にいるみたい…と感じてた。
それからいつも 立ち寄るとやっぱり海の中みたいに心地いい。

そして新しくなった高田のしおまねき。
FMJの熊田さんとNさんKさん そら屋さん スミレ屋ゆりちゃん。
よく食べてよくしゃべる(いつも?)夏の夜の飲み会はやっぱ楽しい。(いつもだろ!)
帰ってからパンコ散歩して 次女のテスト勉強に付き合って 携帯でblog…と思ったけど 「気が散るからここで携帯ダメ」と言われて2階へ…………………

そのまま意識失う…

徹子ふたたび。


今朝まで描いて 完成。コピックとアクリルの散乱した仕事場をかたづけてしみじみ。
UVERworld→Mr.Childrenの夜明け。

S様午前中お越し頂いて とても喜んで下さった。
徹夜は年々きつくなるなぁ~

夕方まで死んでるかも。

寝坊から始まる。




起きて唖然!
今日は10時から直江津町歩きに参加の日…
なのに…9時40分!?
携帯マナーモードでアラーム鳴らんわね…
奈古之浦さんに連絡して 急いで用意こんなときに限ってコンタクトレンズが入らない!
そしてまた道に迷う愚か者。
浜写真館って?って 確か林覚寺階段の手前…と探してたら向かいからご一行。よかった。
そしてぼんやり付いていく自分。あづま湯は消えていた…
あちらこちらで祇園屋台をおさめておく場所の足場が組まれていて ガテン系の男子がかっこいい直江津。ハルピンには行列が出来ていて 観音寺の兜池には鯉や鮒やメダカやアメンボが暮らしてた。
ビニールプールで遊ぶ子供達。あちこちにえごが干されてる。
荒れた海が好きなのよ~と笑う直江津のお母さん。今日の町歩きお客様は直江津がご実家だったり地元だったりのお母さんたちが数人。ついつい道草に
皆さん!八月十日十八時四十七分には 船見公園の与謝野晶子の句碑に夕日が落ちるから…眺めながら乾杯しましょう。

夕方から S様のお屋敷に向き合う。
石坂浩二の千利休が素晴らしくて「江」を見て一休み。アキラは素敵だけどずいぶんスイートな大河じゃない?

UVERworld聞きながら 気持ちはあがっていく。仕事に向かう不安て 確かにある。仕事が大きいとやはり不安も重い。
だけど気持ちをからっぽにして 向き合う力をもらうのは 明らかな励ましの言葉や花束なんかじゃなくて 本当に何気ない会話の中のどってことない笑いだったり言葉だったり存在だったり。
まだ 夜は長い?
そう思ってると甘いから…

プリント工房。



イラスト屋オリジナルの布で グッズ制作…
今まではインクジェットプリントで制作していたけれど→水に弱い
アイロンプリントも劣化が激しい。
布用絵の具で手書きでは量産出来ないし原画価格になってしまう。

マイヤさんに試行錯誤してもらって 作り出したオリジナル。

手法は企業秘密

でもね この方法でどんな柄も自由自在。ふじたやの丼食べながらニンマリ。あまりに突っ走って燃え尽きてボンヤリ。

いとしのQ太郎さま。

高田小町 町家Cafe NANAにて 絵葉書やだった。
平日でありながらもお越し下さったお客様 ありがとうございます。
アームストロングさんと写真撮った。
しかし何と言っても小町で垣間見たハイキングウォーキングの素敵なこと!
松田くんは当然素敵なんだけど Qちゃんのかっこよさにびっくり!!
でまた優しいんだわ…
来月も 出展します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。