スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働き者の女子衆。


女子衆と書いておなごしょと読む。
一昔前の直江津おなごしょは、港からあがった石炭や塩を背負って運んだ。
この絵を描きながらパワーをもらって二晩徹夜。そして気持は今夜も描きたいけれど。
今日は直江津小学校三部作を納品。
絵葉書と印刷画は個展にて販売します!
そして学びの交流館にて来月の印刷画展に直江津の印刷画すべて納品。72点です!
夕方から個展搬入。似顔絵を納品。
このリズムが途切れると徹夜のつけがまわってきそう。
今夜はきちんと睡眠とろう。。。






iPhoneから送信

スポンサーサイト

空は?


何十年も前の祇園屋台。
本町屋台猿田彦。
本当はドラマチックな赤い夕焼け空に描きたかったけれど。。。
神主さまがいらっしゃると言うことは猿田彦お目見えのお式だろうか?
だとしたら佳き日の午前中が相応しいような気がする。
清々しい青空に決めてみた。
ひとをたくさん描くのは楽しい。






iPhoneから送信

テディベア・トリップ。

上越から世界に・・・テディベア作家の吉川照美さん。グローバルに活躍の根っこは、やっぱりこつこつ丁寧に積んでいくことなんだよね。照美さんのベアに会えば、モノ作りの大切なことが見えてくる。
アコーレにて、テディベア・トリップ。29日、30日二日間のラブリーなイベント。
全国そして地元のテディベア作家さんや、手芸のお店。手芸に縁のない自分も、乙女な気分になるなぁ。
DSCN9257.jpg
照美さんに華があるように、ベアたちにも華やぎがあり。
DSCN9259.jpg
そして前向きで愛がいっぱいの彼女のお人柄も人気の秘密でしょう。
DSCN9256.jpg

こちらは上越のcocobearさんの作品。
DSCN9261.jpg
ご家族や友達との毎日を大切に楽しんでるcocoさん。やっぱり愛だね。DSCN9262.jpg
くじ引き引いたら、あらーー三等!
大きなベアやかわいいワンコもいたんだけど、どうしても選ばずにいられなかったのは・・・豹柄みたいな緑のカエル!顔みりゃラブリーなんだから。うちの玄関に座ってるんで、カエル嫌いさんは目を閉じてね。

古きよき直江津展。


個展のお知らせです。
「古きよき直江津展」11月1日(火)~11月8日(火)
エルマール一階イベント広場にて。
10時から18時 最終日17時
原画と絵葉書 グッズなどの販売もあります。
この小学校の絵は印刷画のみになります。
まだまだ夜は長い?

古きよき高田展であらためて感じた事は(当たり前なんだけど)古きよき。。。は三十年代以降なのですね。大正時代の景色が大好きなのですが、見て下さる方が感情移入できるのは一昔前。意外と資料が少なかったりします。
今回は奈古之浦さんこと、歩く室町時代Sさんからたくさん資料をいただきました。ありがとうござます!
画像を追っていると夢中になって描くまでに遊びすぎました。タイムスリップにどんだけ浸ったことやら。

タイムスリップにいらして下さい。





iPhoneから送信

宇喜世はまだ緑。


高田の明治建築の料亭宇喜世。昨年
は内部の意匠を描かせていただき、今回は紅葉の庭苑と雪景色の外観を描くことに。散ってしまったらあかん!と思い個展前にと伺った。まだまだまだ。。。お庭は緑がいっぱい。見事な鯉の朱に映えて。と言う事で出なおし。大きな銀杏や池端の紅葉が染まる景色が早く見たいなぁ。
大嶋画廊さんに額装に。やっとコピックを思い切り仕入れてその後立ち寄った文具屋さんでレジ中にひっそり並ぶ
コカコーラのピンバッジを発見!!ドリンクのオマケだなんて素敵過ぎる。迷わず買って、オマケ頂く。集めようと密かに誓う。
そして今日は世界館にて吉本ライブ。
高田小町にはハイキングウォーキングの松田くん。席はきらきら屋さんがとって下さって最前列の真ん中。だからいきなりイシバシハザマのハザマくんにに「今日は誰目当てできました?」ってふられて。。。ごめんちゃいハイキング。。でもやんちゃなハザマくん素敵だった。たくさん笑たわ。
元気もらって、今夜もだいぶ進んだ。あと三日。






iPhoneから送信

謎の光。


謎だわ。。。
昼間設定完了してmailも送ったのに夜になってインターネット繋がりません。光だからって明るくなきゃだめなわけないし(~_~;)なんじゃらほい?
個展までかまってられないし4sがあれば何とかなるかな。今日は似顔絵完成。ちょっとやんちゃなかわいいカップル(^ ^)
お友達からのサプライズプレゼント。喜んで頂けますように!!





iPhoneから送信

眠り病。


今日からうちもフレッツ光。だけどデータが多すぎてあまり変わらないような?
一日眠かった。すぐに意識が遠くなる。目の前で居眠りこいてるりりたんもどーなの。。
コピックも補充しなけりゃ。定番色がもう瀕死。そして描きかけた絵はどうにも失敗。線も色もダメ。
あさって高田に行ってコピック補充するまではとにかくアウトラインだけ描いておこうと開き直る。
今月中の似顔絵のお仕事は明日。そちらの色のコピックは大丈夫。popな絵を描くから。切れちゃってる自分の定番色はグレーやらブラウン系だからさ。朝のお弁当作りがないからちょいと寝坊できるなぁ~。ほっ!





iPhoneから送信

ライオンワークショップ。


日曜日はライオン像の建物にてワークショップ。ペーパークラフトライオンとライオンキューピー作り。クラフトはかなり高度で皆さん
真剣。キューピーはストラップなので早速携帯に着けて下さって嬉しかった。
日曜日は朝市祭りも開催。直江津に限らず?田の朝市も出店者はほとんどがお年寄り。自分ちの野菜や山でとってきた山菜やキノコを並べてる。価格も安定してるし何より美味しくて最近は朝市でしか野菜は買っていないかも。(おととい白菜は150円)上越市の食の源だと思うんだけどなぁ。この魅力がいつかは消えてしまうなんて残念過ぎない?かさはら珈琲さんやトダラバパン
さんと並ぶこれからのお店が出て来ないかな。ちょいとしたブランチのお店とかさ。。。妄想だけど。

明日から次女は修学旅行。忙しい引きこもりの日々のひとりご飯はヤバイ。卵 納豆 トーストのローテーションに落ち入りそう。。。。




iPhoneから送信

恋心。


歴史ある建物にも日常のときがあった。大切に保存される以前の、建物として機能していた時代。。。そこには暮らしがあり仕事があり笑ったり泣いたり恋したりケンカしたりの毎日があったよね。建物は時には拳で壁を叩かれたりガキンチョが落書きしたり、でも生き生きしていたと思う。そんな姿を描いていきたい。

この建物で奥様と出会った方と話したことがあるの。
その方にとってここは想い出と幸せの場所なんだろうね。恋心を描きたいな。

そしてあたしは本日完全引きこもり。朝から晩までジャージ。当分続くけど二日に一度は着替えますからね。

秋の軽井沢。

友人たちと、軽井沢へ。
まずは紅葉の白糸の滝へ。中軽あたりから、すごい雨!なんだか滝に打たれちゃってる感じだよ。
中腹あたりの紅葉は、花が咲いたようにあでやか。雨の景色が明るく映える。茜や黄金色に染まる木々に包まれた別荘は、ひっそりと。どこも素敵なたたずまい。DSCN9204.jpg
白糸の滝に到着のころは雨もやや小降りに。やっぱりいいな。DSCN9198.jpg
4Sで記念撮影も、同じく撮ってたイケテルお兄ちゃんにお願いしたら、あら綺麗。
紅葉、母に見せてあげたいなぁ。DSCN9201.jpg
旧軽に下りて、テニスコートやらパウロ教会へ。コロンビアからいらして52年の神父さまが、幸せの祈りの鐘を鳴らす時間だった・・・・・・たくさんのひとに幸せを。娘達に幸せを。DSCN9207.jpg
午後からは結婚式。DSCN9211.jpg
聖ペトロの像も、秋色に。DSCN9213.jpg
さて・・・・・予約しておいた鳥勝の丸焼きを受け取り、沢屋でジャムを買って、今度はアウトレット!
まずはランチを食べて、Hさんはウォーキング用のウェアとシューズをadidasで。タイムセールでお得だったね。
そしてまたまたGAPへ。自分はGAPに行ければいいの。Iちゃんは来週の家族TDL&TDSツアー用のバッグをCOACHで。
三人とも満足感でお茶ボルゾイちゃんやチワワちゃんや、わんこにたくさん会ったけれど、この「撫でていいよ」なグレートピレちゃんには目じり下がるなーー。DSCN9215.jpg
夕ご飯の焼きたてパンと鳥ちゃん抱えて上越へ。すっかり夜。
いつも感謝です・・・運転のHさんパパ。

直江津小学校イラストクラブ展。

文化祭前日に見せて頂いたイラストクラブ子供達の絵画。まずはご覧ください。
10切抜き直江津小イラストクラブ
絵具が乾くまで待ってるってむずかしいね。
11切抜き直江津小イラストクラブ
上原先生もきっと喜んでいる。12切抜き直江津小イラストクラブ
グランドの影がいいね!
13切抜き直江津小イラストクラブ校舎の玄関屋根は、波なんだね。
14切抜き直江津小イラストクラブ木々が生きてる!空に向かって。光を浴びて。
15切抜き直江津小イラストクラブそしてみんなは、この木が好きなんだね。
16切抜き直江津小イラストクラブこの日直江津タワーは青いカバーかかっていたね。
切り抜き直江津小イラストクラブ強そうな木。みんなを受け止めてる。
切り抜き直江津小イラストクラブ松ノ木は風に踊っていたのかも。
切り抜き直江津小イラストクラブ一生懸命木を描いた。木が一生懸命生きてるから。
5切り抜き直江津小イラストクラブニノミヤキンジロウくんは何を読んでいるのかな。
6切抜き直江津小イラストクラブ
上原先生!後ろでキンジロウくんが本を読んでいます。
7切抜き直江津小イラストクラブそろそろ下校時間。また明日!って校舎が笑う。
8切抜き直江津小イラストクラブ松ノ木はなぜ他の木と違うんだろう?年月の風で、枝向きが変わるよね。
9切抜き直江津小イラストクラブ木陰はきっと優しい風が吹いてる。そこでおしゃべりしたら時間はあっと言う間かもね。










ライオンキューピー



ライオンキューピーを作るワークショップ開催します。明日10時から古きよきライオン像の建物にて!材料費500円です。30個限定。三八ライオンクラフトもあります!

ホノボノ完成!

第一期ホノボノイラスト倶楽部は今日が最終日。
完成に向かって、ラストスパート。
お二人とも、コピックの感覚を掴まれて、楽しそう!
雁木や町家は、どうしても単調な色を重ねていく繰り返しになってしまうので
挫折しそうになるけれど、だからこそ人物やプランターの花、ポスターや自動販売機の彩色が楽しめるのかもしれない。
最後は空をきれいなブルーに塗って、完成。2色のブルーを重ねて塗りこんで、町家が浮き出てくる楽しさを感じて頂けた様で、とても嬉しかった。
DSCN9196.jpg
自転車に乗るお孫さんへの愛情が伝わってきます。細かい部分も上手に彩色することで、町家の存在感が出てきました。
DSCN9197.jpg
とても慎重に彩色されていましたが、どんどん楽しくなって来た感じが伝わります。窓にうつった影が素晴らしい。

お二人とも、これからも便利な画材コピックを駆使して、絵を描き続けて欲しいです。きっともっと、世界が広がります!素敵な生徒さんとの講座が終わってしまうのは、なんとなく寂しい気分。
完成した素晴らしい作品を眺めて、自分がとても幸せな気持ちになっていく。自分が出来ることをひとに伝えていく楽しさ。またひとつ、希望を見つけた。
ご参加くださって、本当にありがとうございました。出会いを大切にしていきます。

秋バッグを探しに。

今日は半そででもいけそうな感じ。でも空も風も秋だねぇ。
KさんとITSUKOさんとクリスマスのワークショップの打ち合わせ。
kukkaは明日からふくろ展。秋のバッグやポーチがいっぱい・・・
デジカメポーチを予約しちゃった。ツバメの模様。
DSCN9155.jpg
このイカリのバッグはデジカメポーチと同じHMBaxaさんの作品。向こうの生成りのバッグはNuMさんの。
DSCN9154.jpg
ugaちゃんだよん。海っぽいな。
DSCN9156.jpg
ちくちくさんのバッグやポーチ。革がとってもいい感じ。
DSCN9158.jpg
イラスト屋はこのトートバッグです。内側はレトロなゆかた生地です。マイヤさんに作って頂きました。
ポーチやがまぐち、めがねケースもいっぱい!きっとお気に入りが見つかりますよ。
DSCN9159.jpg

テキーラ・サンライズ。

ずっと昔は、いつもテキーラ・サンライズを片手に赤坂ビブロスで遊んでいた。
てことは、あの頃のあたしは今より飲めたんだね。
だけどテキーラ・サンライズを知ったのは、EAGLESの歌が先だったかな・・・

まるでジューシーな夕日に包まれていると、テキーラ・サンライズのグラスの中から世界を見ているみたい。DSCN9142.jpg
夕暮れにパンコの散歩にやっとこさ出かけた。素敵な青空の一日だったのにね。
今週末のイベント用の仕事をやっつけて、来春の仕事の見積もりの相談をして、下書きを描きあげて
合間に4s。siriは相変わらずトンチンカンさんだけど(お前がだよ!って言われそう)今の癒しは4s。
面倒臭がりの自分にはいいみたい!
港にはPOPな赤い船。かわいいなー。
DSCN9130.jpg
もう十年以上の友人のNちゃんが来て「人間って自分の幸せを確認するために自ら傷ついたり落ちたりするのかも・・」って話になった。おいらは傷ついたり落ちたりしているデリケートな余裕がないなぁ。
タフにやってかなきゃならない人生の今の為に、どんな事にも幸せを見出せる簡単な人格を、神さまが齎してくれたのかもね。DSCN9143.jpg

胡桃の海。


秋の海はパーカーでも着ないと、もう寒い。日本海は波の音も、冬支度の響き。
波うち際でギリギリまで待って逃げながら撮りまくるおバカなあたし。
楽しくてひとり笑い。。。
誰もいない浜のあちこちに転がる山から川を旅して来た胡桃。
丸っこい婆ちゃんがもくもくと拾い集める姿は直江津の風物詩。
波うち際には青空が映りこむ。





iPhoneから送信

4s来たにゃん!

DSCN9127.jpg
ついに文明開化。4sに変えました。
SiriはHELLOに答えてくれたけど、会話は続かん。
友人sanapiのグローバルネットのライバル?確かに身近な先生かも。
頑丈なカバー着けたいけどこのクールな薄さがいいな。とにかく仲良くしよう、iPhone!

今日は臨時ホノボノイラスト倶楽部。
生徒さんたち、コピックの色味がだいぶ出てきたと想う。
こうして説明してみると、自分の描き方はつくづく脈絡ないような気がする。
重ねたり滲ませたりの過程で、陰影と古い建物の味わいが現れる。こつこつ塗るしかないのかもです。
あと一回です!がんばりましょう!!

相馬の馬追いin金谷山。

111016_085328_convert_20111017012536.jpg
夕べジャカジャカ降ってた雨もあがって、青空金谷山ポニーカーニバルにて絵葉書屋。福島県相馬市の無形文化財「相馬の馬追い」。相馬の方々が大切に育てた馬に騎乗して行われる勇壮な祭り。
被災されて、馬たちも命を落とし、また飼い主の方が亡くなった馬もいる。けれども今年も規模は小さいながらも開催されたそうだ!金谷山に到着してこの景色を目にして、心が熱くなった。
111016_085502_convert_20111017012904.jpg
風が強まり、御神旗を受け止める事は難しいけれど、駆け巡る騎馬は勇ましかった。
だけどテントも絵葉書も飛びそうだーーーーー!立ち寄ってくださったNさんと悪戦苦闘!
フルールさんにも随分助けて頂いた。ほんとにすごい風。
111016_094646_convert_20111017013435.jpg
相馬市の皆様、ありがとうございます。絶対に見に行きたい。そして、描きたい。
111016_141352_convert_20111017014022.jpg
馬とは本当に美しい生き物だと想うって、森のようちえんのKさん。本当に。どうしても目を奪われてしまうし、眺めて触れるとときめく。完璧な流線型に命の温かさ、深い慈愛にあふれるような瞳。馬たちに会えて、幸せや。
111016_091014_convert_20111017013145.jpg
山羊ちゃんも青空に嬉しそう!そして付属小学校一年生たちが飼育中のポニーのももちゃん!なんと臨月・・・
おなかに触ると、赤ちゃん動くことも。楽しみだね!(この体型に親しみあり?!)
111016_0904311_convert_20111017015229.jpg
今回用意した馬の絵葉書は、すべて売り切れましたありがとうございました。111016_204724_convert_20111017014308.jpg
111016_205323_convert_20111017014601.jpg
こちらの馬追いの絵葉書は、ささやかながら相馬市のお客様に差し上げました。111016_210909_convert_20111017014943.jpg
またいつか、お会いできますように!

土曜日リバータウン。

雨があがった土曜日。
リバータウンのラウンジ前にて、革と布の作家さんちくちくさんとNuMさんと一緒に,絵葉書屋をさせて頂きました。リバータウンは6周年祭、お隣のウエスタンリバーも、ガレージセールでPINSTRIPEとTATOOのアーティストさんが。ウエスタンリバーは惚れ惚れしちゃうオートバイがたくさん集まるお店です。
111015_114204_convert_20111017001622.jpg
この方はPINSTRIPEで愛車にクールなロゴを描いてもらってました。美しい仕上がりでした。
ガレージのドリンク販売機もPINSTRIPEでウエスタンリバーオリジナルになってる。いいなー。
ちくちくさん達が覗いたときはガレージでTATOOもされていたそうな。チクチク痛いらしい!?
ウエスタンリバーはハリウッドランチマーケットや、渋谷PARCOの斜め前にあった男っぽい古着屋さん(名前がどうしても出てこない!)に近い雰囲気のアメリカっぽいお店です。111015_114707_convert_20111017001914.jpg
10代の頃にこの雰囲気で育った?自分には、やっぱりたまりません!チエちゃんのお友達がいい感じのTシャツデニムで働いていてかわいかったなぁ、羨ましい。ガレージでつい迷彩の古着を買ってしまったわ。
さて、うちらのお店はこんな感じです。ちくちくさんNuMさんのムスメちゃんたちも自然に溶け込んでる。
111015_114604_convert_20111017002136.jpg
リバータウンの方々やお客様、ちくちくさんNuMさんに出会えて、とても楽しかったです!
自分たちの故郷で、どこにも負けないかっこいい場所であり続けてるリバータウン。そしてとても自然体。
こだわりをぶれずに、新しいものも吸収する柔らかさは見習わなくちゃね。
深見さん、Kさんありがとうございました!

お店の後ろはラウンジ・・・・やっぱり手帖やら買っちゃいました!イッタラの鍋蓋ホルダーやっぱり気になる。

日曜日は金谷山!

16日日曜日は朝から3時くらいまで、金谷山のポニーフェスティバルにて絵葉書屋です!
Hさん、よろしくお願いします。馬ちゃんのポストカード持っていきます。
福島県から上越市にいらしてる皆様には、「相馬の馬追い」のポストカードプレゼントさせていただきます。

今夜は風太郎が大暴れ。明日はおさまってくれるといいな。111014_004253_convert_20111014230456.jpg
そしてしばらくは正念場。来月の個展と今月中のご注文が数点。年末まで突っ走ることになりそう。

ラウンジ前にて、絵葉書屋!

15日土曜日、11時から山麓線のラウンジ前で、絵葉書屋です。
山麓線の高田寄り、ウエスタン・リバー、スペースカウボーイ、バーズ・イン・カフェの並ぶ一角です。
どこも素敵なお店ですから、初めての方はこの際全部楽しんでください!
詳しくはリンクのLoungeroomのブログをご覧あれ。


高田瞽女6

これは!!三番目がひぐちごぜですわ。月岡さんは三味線弾きながら唄い歩いてる。素晴らしい。
高田瞽女12
地下足袋って病みつきになりそうなくらい、快適です。ナチュラル感。
高田瞽女4
ごぜ唄がきこえてくる?

のとじま手まつり。

111013_205018_convert_20111013211920.jpg
友人のステンドグラス作家あつよん身長280cm(うそ)が制作したフュージングガラスのお皿。ブルーが好きなので、うちはブルーのお皿ばかりだけど、美しい・・・・・
水羊羹、小さなお菓子、葡萄・・・・オクラのサラダが似合う大きなお皿は、ガラス作家のご主人丸山慎二郎くんとのユニット falajの作品。
二人は昨年に引き続き、「のとじま手まつり」に出展するそうな!
111013_202707_convert_20111013212422.jpgキャンプしながらの展示なんだって。
飲食はカキご飯、カレーやらスイーツやら・・・100組のあらゆるクラフトからマッサージ、ヘアカットのブースなど。ホンマに楽しそう!
場所は石川県能登島家族旅行村Weランド。海が見渡せる岬にあるのよ。
10月15日(土)16日(日)10時から16時。夕日もきっと、いいだろうなぁ。

直江津生き物ずかん。

お日和もよく、SnowflakeさんとITSUKOさんと、花ロード打ち上げランチinオステリア・サカヅメ。111012_135519_convert_20111012232157.jpgポトフみたいなポークと野菜の煮込み料理を食べた。美味しい!これからもそれぞれがんばって、また一緒に、みんなが喜んでくれるひとときを作ろうね。
歩いていると、美しい黄緑色のカマキリ。哀しくもボケカマキリに・・・111012_135652_convert_20111012233311.jpg
天王川にはボラがいっぱいいる!ボラ天国。このこたちの卵を塩着けするとカラスミかぁ。
111012_114949_convert_20111012233613.jpg 午後からは直江津小イラスト倶楽部。山羊のイチローこんちは。遠くでイチローの話してても、じっと見てるの。利口なんだね。111012_165803_convert_20111012233822.jpg
こんなところに亀の大群が!!111012_165355_convert_20111012234309.jpg
玄関壁面の陶板です。屋台や人物の陶板は自分が下絵を作成して、高学年生徒と保護者で成型して、陶芸家・高井進さんが焼いてくださったもの。想ったより綺麗な色に仕上がっていて素敵だった、111012_165039_convert_20111012234043.jpgこんな美味しそうな陶板も。
111012_164930_convert_20111012234511.jpg直江津小イラスト倶楽部は今日が最終日。45分間で彩色が終了しないと文化祭までお昼休みに描かなければ間に合わない!と聞いて、スピードアップの子供たち。もうちょい細部や陰影を描けばもっとよくなるのに!とか校舎や銅像の変化のない彩色にあきちゃったなら、空塗ってみよう!とか励ましながら・・・・。後2時間あれば、みんな素晴らしい作品になりそうだけどなぁ。ホワイトの絵具ってすぐなくなるね。
文化祭当日のみんなの絵がとっても楽しみ。
111012_172143_convert_20111012234718.jpg
今夜の月は、白桃みたいな色だった。
ライオン像のたてものを保存活用する会の会議。具体的に、あの建物と敷地で開催したい出来事なんていくらでも浮かんでくるの。だけど、そこに至るまでにクリアしたいこと・・・・何年かかるのだろう。でも伝えないと!
旧市役所やいかや旅館への切ない気持ちを、たくさんのひとが語ってくれる。歴史ある古きよきものを失うことを繰り返していたら、まちの魅力はどんどん無くなる。古きよきものだけが持つ、あたたかいもの切ないもの。もう多くのひとがそれに気がついてるように思えるのだけれど。

[そら」

エルマールの二階、クラフト&ギャラリーkukkaにて。
細谷晶夫イラストレーション展「そら」開催中です。10月18日まで。
111011_195629_convert_20111011231203.jpg
晶夫SKYは、ときに青空ときに夜空ときに夕空。
描かれた女の子、子供たちは空に想いを語り、はばたきそう。
向かい合って立ってると、気持ちいい風が吹いてくる。
気がつくと、空を見上げて立っているよ。

そんな風に感じるのは、晶夫画伯の絵が本当に巧いから。

細谷晶夫画伯は、出来るだけ開場にいると想われます。
気楽にお声をかけてあげてください。

蔵に棲むものたちへ。

「古きよき高田展」「あわゆき亭」にお越し下さったお客様、本当にありがとうございました。
高田小町さま、Snowflakeさん、ITSUKOさん 麻屋高野さん Sさん あわゆき組の皆様 そしてお手伝い下さった方々お疲れ様でした!
DM置かせて頂いた各所の方々、おかげさまでたくさんのお客様にお越し頂きました。ありがとうございます。

がらんとしたギャラリー蔵の暗がりにも、ありがとうと一言。
町家交流館高田小町は上越市の所有建造物となり改築されるまで「小妻屋」という大きな問屋さんでした。111011_002748_convert_20111011004844.jpg
これは7年前に「まちなか散策map其の壱」の為のカットです。
当時この「小妻屋」にはたくさんの小部屋と三つの蔵、広い土間には大きな輪転機がありました。改築を施して、残った蔵が現在のギャラリー蔵です。歴史ある商家の蔵ですから、おそらく棲みついてるもの、がいるでしょう。わらしかな?婆かな?能力のない自分には 棲むものの姿は一向に見えませんが。
おととしでしたか?Iさんの抽象画とモダンな立体の展示を、この蔵で拝見して、自分もどうしてもここで個展を開催したくなりました。秋のこの時期は本町の「花ロード」の開催と重なることもあり、おととし去年と花とまちなみをテーマの個展を開きました。
今年は懐かしい建造物の写真と出会ったので、「古きよき・・・」をテーマの個展となりました。
毎年好きだな想うのですが、今年は立ち去りがたいくらい愛着と敬意を感じました。思い上がりかもしれませんが、棲むものたちが受け入れてくれたような安らかさを毎日感じて、「おはよう」「おやすみ」と想うのです。
ほの暗いけど、温かく「もっとたくさんの昔を描いてよ」って背中を押されてる感。この「蔵」も描きたいです。
蔵のみんなも描いてあげたいです。クリーチャーたちなのかな?

そして最終日の今日も、会いたいひとにいっぱい会えて、でもなんか話たりなくて、しみじみ出かけていきたくなりました。ものづくり好きなんです!絵描いています!って若くて素敵な女子に会うと、嬉しくなります。続いて来てくれたらいいなと、自分も懸命にやっていこうと想います。
まだ完成して二週間もたっていない「高田市役所」の原画はお客様の元に旅立ちます。
「ごぜ唄」はうさぎ家さんにお嫁にいきます。とても嬉しい。 ありがとうございました。

花ロードの作品は全然見れず残念だったけれど、スミレ屋さんがサイコー!でした!
111010_203012_convert_20111011005033.jpgfirekingのちびボウルはパールな輝きがツボです。親子がまぐちには脳天惚れ。スミレ屋さんは自分にはヤバイ店ですねん。
古本屋ひぐちお買い上げの皆様もアリガトウ。Yちゃんお世話さまでした!!




ごぜさんの影。

朝は卵を必ず食べちゃう。今朝は生卵ご飯。明日は何卵にしよう?
111009_073128_convert_20111009235730.jpg今日は麻屋高野さんにてあわゆき亭。
だけど・・・・・お馬鹿だわーーー自分。茗荷の醤油漬けを見事に忘れてきちゃった。あわゆき組のWさんに乗っけて頂いて港町。ありがとうWさん。
大盛況のあわゆき亭。111009_113213_convert_20111010000747.jpgあわゆきぜんざいにブルーベリーとチョコレートパウンドの2種のケーキ。
あわゆき男子も法被にバテンレースのエプロン。可愛いねぇ。111009_115743_convert_20111010001027.jpg
いつも素敵な着物姿のあつよんとお義姉さま。町家が明るくなるね。
今日はなんとなく落ち着かないのは、午後からのごぜさんの門付け。イラスト屋がごぜになるのよ。
高田小町和室にて、きものの小川さんのレイ子さんに着付けて頂く。饅頭笠を被り、
顎紐を締めて旅支度の荷物をしょって、地下足袋をはいて・・・・たくさんのお客様が待つ階下に、まさにごぜさながら、杖をついて三人連なって降りてゆく。階段気をつけないと門付けが台無しになっちゃうよ。
先頭の唄い手の月岡祐紀子さんは三味線と唄。真ん中のお弟子さんYさんも唄いながら。最後尾の見習いごぜの自分は無言よーー。口パクくらいしたいけど余裕なし。顔あげると知ってるひとだらけだから笑ってしまいそうだし・・・うつむいて杖を頼りに歩くごぜさんになりきる。
111009_170844_convert_20111010001237.jpg
地面についてくる自分の影がごぜだ・・・。足取りはごぜ唄のリズム。江戸後期の町家今井染物屋に響く、月岡さんとYさんのごぜ唄は、素敵だった。「子供の頃、ここで同じようにごぜの唄を聞いたことを思い出して涙がでましたわね」とおっしゃるお客様。・・・また描きたくなる。
麻屋高野さんにて、門付け。最後はきものの小川さんにて。時を超えて、月岡さんの唄に、ごぜさんが暮らしていた高田のまちなみや暮らしが聞く人の心に蘇るのね。慎ましく堅実に芸に誇りを持って暮らしたごぜさんたちの精神は高田の町に息づいている。
きものの小川さん二階にて、ごぜを描いた斎藤真一さんの個展。斎藤真一さんの作品をたくさん所蔵されて、高田ごぜ文化を保存発信する会に託して下さった池田敏章さん。最初に出会った作品のお話を伺う。
その絵は雪山に真紅の日が昇る。道行くごぜ。池田さんは故郷の山形の記憶はないけれど、その絵に故郷を想われたそうだ。斎藤さんの絵からは、冷たい風が吹き、雪のにおいがして、ごぜ唄がきこえる。赤を引き立てる冬の輝くホワイト。うりざね顔のごぜの腕は細く青白く、この形こそがふさわしいのはそこに哀しみが見えるから。
ごぜさんたちが、苦しみを乗り越えて芸に命をかけて懸命に生きていたことが、斎藤真一さんの情熱になり、池田さんの心に出会い、多くのひとがこの素晴らしい作品に心を打たれる。ごぜさん・・・ありがとう。

夕方蔵に戻る。ラウンジの深見さんがお立ち寄りくださる。深見さんに斎藤さんの絵を見て欲しいなぁ。きっとごぜ唄がきこえるから。今日は頼もしい助っ人Iちゃんにギャラリーをお願いした。ありがとうIちゃん。


蔵の個展→仲町おばこ。

高田小町の蔵で過ごす三日間。
自分にはとても落ち着く場所です。昔の高田の絵が、明かりに浮かんでる。
何人もの方が「あんたの絵にぴったりだね。」と仰る。まっことに。111008_121546_convert_20111008214320.jpg
開場前に、スミレ屋さん襲撃!「暮らしの手帖」やはと笛など入手。ほんとはもっともっと欲しい!!
ファイヤーキングもがまぐちも!!またゆっくり・・・・・・・・

お天気もよろしく、たくさんのお客様がお立ち寄り下さった。
なんと!あの気になるポストの家のご主人様がお立ち寄り下さった。ご名刺を頂いたのでやっと見学がかないそう。嬉しいなーー。
そして旧高田市役所の建物が、いかに多くの方に愛されていたのかと実感した。この建物のことを知り、
古い写真に出会い、描きたいという情熱が心に育ったことはやはりひとつの運命なのかも。

朝一で仲町おばこのお母さんが来て下さった。もう朝から餃子スイッチ。
週末だけ営業の、餃子とビールだけで50数年のおばこに、今夜行かずしていつ行くと?
個展終了後、直行ーーーー!!111008_185755_convert_20111008214523.jpg
お母さんはね、皮のタネをすとすと切ってさっさか伸ばして、お父さんがぽいぽい具を包んででかい焼き鍋にずらりと並べてどんどん焼いてくの。ふたり悪態つきながらね。でも心はひとつなんだよね。
このもちもちした皮といい味の具がねぇ・・・こたえさんないわぁ。
二皿食べて、さらに次女におみやげちゃん。
お母さんとお父さん、今夜はお客さんに優しかったぞ。お二人の笑顔にも、おばこのすべてにごちそう様!

明日の朝のお楽しみは・・・・卵!!!なんと三種の産み立て卵!卵かけごはん三膳いきそうな自分が恐い・・・。

softbunk→個展搬入。

かわいそうなのはこの携帯でござい。
90度の角度でないと、液晶は真っ黒け・・・変えよ!ってことなのね。
搬入の道中、softbunkに寄って頂く。(Snowflakeさんありがとう。
ジョブスさま・・・予約させてもらいます!iphone4s。入手はいつになるやら?
あつよん・・・落とし屋のうちらにぴったりのカバーがあるわよ。米軍仕様で30メートルの高さから落下しても
大丈夫なんだと。おとうに見せてもらいない。

そして搬入。蔵はやっぱりちと暗い(しゃれじゃないよ。
でもやっぱりここ好き。自分の絵には合ってると思うよ。
宇喜世三部作も展示。印刷画だけれど。111007_115746_convert_20111007234955.jpg
民謡流しも描いた。Mさんお写真ありがとうございます。

蔵に商品用のテーブルを運び入れるのは結構重労働。それも5台!達成感があるなぁ。
終了後、久々にzaigo。から揚げうま!カレーうま!しかし今夜はメンズナイト?zaigoは男子で満員・・・

高田ごぜ ふたたび。

111006_163043_convert_20111006164408.jpg
高田の雁木通りの町家で暮らし、頚城の村々を演奏活動で廻り生計をたてていた盲目の女芸人、高田ごぜ。
十月八日(土)か十日(祝)には、ごぜさんに関する様々な催しがあります。

本町七丁目 きものの小川さん二階にて
ごぜ文化を伝える芸術展「高田ごぜの旅を描いて」斎藤真一作品展(入場無料)
111006_163405_convert_20111006164918.jpg
斎藤真一さんの赤は人間の情念の色です。くらい雪景色の中に描かれたごぜさんや、人々の表情はどことなく生きることの可笑しさも感じられます。「なんでも鑑定団」に出品された作品も展示されます。

八日十八時半から高田小町にて。大島渚監督記録映画上映「ごぜ・盲目の女旅芸人」
あわせて池田敏章さんのお話会。申し込み優先70名まで。申し込みはきものの小川さんに。025(522)3400

高田ごぜ唄演奏会「町家でごぜ唄を聞く」三味線と唄 月岡祐紀子
九日(日)午後一時半より高田小町を出発して二時から今井染物やにて門付け。
三時より麻屋高野 三時半よりきものの小川にてミニライブ。70名申し込み順。申し込みはきものの小川さんまで。

何年か前まで、ごぜの存在を知らなかった。Sさんからお借りした斎藤真一さんの装丁の美しい本は高田のごぜの実話が綴られていた。ごぜさんたちの哀しい宿命に涙しつつ懸命に時代を生きた強さに心を打たれた。
唄うごぜさんにも、ごぜさんの訪れを待ちわびて聞きほれる村の人々にも、唄は喜びであり力だったのでしょう。
ぜひ、お出掛けください。

あわゆき亭とスミレ屋一箱古本市、ルコントル。

花ロードあわゆき亭も八回目になりました。
十月九日(日)十時から十六時。麻屋高野にて。
めにゅうは、あわゆきぜんざい、秋のケーキ、あわゆき珈琲。
着物に手作りのバテンレースでお出迎え致します。111006_150613_convert_20111006154941.jpg
絵葉書、カレーぱん、、東日本大震災チャリティー缶バッジも販売致します。
                         111006_145018_convert_20111006155139.jpg
自分は十日午前中はあわゆき亭に。その後三時くらいまで・・・秘密です。でも高田小町界隈にいます。
4時くらいから個展会場に戻ります。
八回目のあわゆき亭。それぞれ生活や生業を抱えた女子がこれまであわゆき亭を続けてこられたのは、
Sさんの力と、それぞれの毎日を明るく堅実に生きているメンバーの自然体なファイトあってこそです。
継続は力ですね!

高田小町並びのお茶の間雑貨スミレ屋さんの一箱古本市に、イラスト屋も出店します。
昨日Yちゃんが商品取りに来てくださいました。
大橋歩、みうらじゅん、片岡義男、宮本輝、安西水丸など。イラストレーションも一冊。
そして高価格の逸品あり。お楽しみに!岡持がイラスト屋の店舗です。
他の出展者さんの本、気になるわーーーーー!
そしてスミレ屋さんも気になるわーーーーー!!
こちらは八日から十日、十時から十七時。


町家交流館高田小町ギャラリーミセにて。八日から十日。
十時から十八時(最終日十七時)
ビーズアクセサリーのSnowflakeさんの個展「Lacontre」フランス語で、出会いという意味です。
様々な出会いから生まれた繊細なビーズアクセサリーの輝きに、出会ってみませんか?
cafe lacontreもopenします!花巡りのひとときをゆっくり過ごして下さいね。

穏やかなお天気の、三日間でありますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。