スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性分。

やるべきことが たくさんあると言うのに
やはり宇喜世に 取り付かれてしまった。
今日はラフを見ていただきながら  
大広間の絵に描き込む お膳を撮影して来た。

月の間は 人物をシルエットで窓辺に・・・とご要望。
夜のあのこじんまりとした部屋たちは
また違った表情なのだろうなぁ。
・・・・・・・・妄想。
見せていただこうかなぁ 夜の月の間。

病院のパンフレットイラストは、完成。
明日 納品。
五智や国分寺の桜 江戸彼岸桜も
自分の中で満開の印象が鮮やかなうちに描いておきたいけれど
観桜会のお客様にお願いされた跳ね馬も描いておきたいけれど・・・

今しばらくは 宇喜世に酩酊していたい。
スポンサーサイト

コメント

No title

>宇喜世に酩酊

素敵ですね~。雰囲気がじんわりと伝わってきますよ。
何かが憑いたように描かされる魅力、ってやつですかね、宇喜世。

No title

私・・・はるかな昔 宇喜世で結婚式・披露宴をしました。
玄関から少しはなれた場所で車を降りて みんなでならんで 雨もふっていないのに
赤い蛇の目をさしてもらったような・・・記憶。

ひぐちさんの絵・・・すごく楽しみです  私も絵の中に入り込んで 酩酊したいです

No title

yukiさん
宇喜世の遊び心が 魅力なんでしょうね。
ハルピン いかや旅館・・・憑いたように描いてるときって
楽しいです!!

No title

piroさん

ちょちょ!これは聞き逃せませんお話ですわ!!
ぜひpiroさん婚礼を・・描かせてください!!
お願いします!!!酩酊していただきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。