スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海。



昔は太平洋が日常だった。台風の海にも何度か行ったけれど 日本海の荒波見てたら忘れちゃった。
生き物みたいな厚いうねりが 次々に立ち上がり 壊れて白いレースを編む。
空は鉛色。
だけどやっぱり海はいいなぁ。あったかい格好して一日中眺めていたくなる。このトタン小屋は壁好きさん達のツボだと想う。

今朝は真横の吹雪でバスが全く来なかった。モスバーガーにて塩バターチキン食べつつBIJOUのミーティング。Kukkaに納品。近所の岩野屋さんに 噂のカステラの端っこ求めて行ったけれどすでに売り切れ。笹だんごやドラ焼きをお茶のお供に。お父さんが絵葉書買ったよって、嬉しかったな。
スポンサーサイト

コメント

冬の日本海

海のある町に生まれて 毎年海にはいっていたけれど 冬の海を初めて見たのは
小学校5年生の秋の遠足のときでした。
大潟町まで遠足してお昼に海岸へ出たとき、海は生き物のように荒れていました。

青い海ではなく 鉛色のそらと同じ色、いやもっと深い鉛色で波が怪獣のようにうねっていました。
私は怖くて、海に背を向けておにぎりをたべた気がします。 
その時の感動・恐怖を、ラニさんのブログを読んで思い出しました。

No title

まんまとツボです^^ いい壁ですね~ 笑

冬の直江津の海の景色。飽かず眺めてしまいますよね~。
鉛色の空と、錆浅葱色の海、雪と波頭の白…。
雲間から陽が射して、にわかに景色が輝くひととき…。
時々風が強いと怖いけれど、海辺の暮らしはやっぱりいいですねぇ☆

いいねっ!

壁部員です☆
トタン小屋見たいです!!!

Re: 冬の日本海

piroさん

おぉーーなんと演歌な遠足なのでしょう!
子供心には印象強いでしょうね。昔は長野からの小学生たちがわけもわからず海に駆け出していって
命を落とされたそうです・・・赤いろうそくと人魚も哀しい童話だし、日本海の波はどこか魔物ですね。

Re: No title

hashimotoさん

ほんとに飽きないね。海の景色って。
この小屋の中で・・実はホームレスさんが亡くなられていたそうなのです。
この界隈はいい波のポイントだそうですが、事件もいろいろあったそうです。
錆浅葱色・・まさしくですね。この海の色 描きたいの。

Re: いいねっ!

そふぃーさん

でしょう?リアルに見ると、もっと複雑なパッチワークになっているのですよ。
壁展・・しましょう!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。