スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斜めの家はPOPに建つ。



渡邊洋治(わたなべ ようじ、1923年6月14日 - 1983年11月2日)は、新潟県直江津市(現:上越市)出身の建築家。
陸軍船舶兵出身で随所にその影響がうかがえる独特のデザインの建築物を手がける。狂気の建築家、異端の建築家と呼ばれた。

彼が手がけた 通称「斜めの家」の見学に出かけた。
建築家 大橋秀三さんが在りし日の渡邉洋治との怒りと感動のエピソードと経歴 この家の建物としての特徴と面白さを解説して下さる。 集まったメンバーは家具職人ゲイミンカンさん ラッセル氏 建築士Cloverさん たびのそら屋さん ふゆのひさん クールドママンさん cochicochさん KさんHさん 率いるはhashimotoさん。

渡邉洋治の建築は新宿の軍艦マンションが有名だけれど 斜めの家は潜水艦に思える。ちいさな窓が銅板の外壁にランダムにちらばり 明かりをとる。鎧戸の玄関を開けて家の中へ。
青い引き戸に赤い絨毯。斜めの壁斜めの天井…
This is 昭和POP!スロープの廊下が不思議な国へのエントランスみたい!
ジム・モリスンのStrangePeopleが聞こえるじゃない?VelvetUnderGroundのニコがうつろな瞳で笑っていそう。
建築としての意味もあり価値もあるのね。だけど感覚でしか理解出来ないあたしの心は ここが好き。このPOPなサブマリンを愛せるひとしか暮らせない家。誰もが愛せるわけじゃない。いいなぁ…この家
スポンサーサイト

コメント

No title

ひぐちさん。今日もほんとうにありがとうございます。
みなさん『斜めの家』に純粋にめぐり会いに来てくださったんだと思います。
そして、ひぐちさんがひぐちさんだけの『斜めの家』に逢えた!! やっぱり!!
ひぐちさんの『斜めの家』はPOPで、ドアーズのサイケな揺らぎに酔うような潜水艦の船室。
カッコイイ~~ (≧_≦)!!!!
今日、私が期待していたことは、みなさんを介して私の知らない『斜めの家』に出逢うことでした。
それが叶って嬉しい(ノД`)~、、
他のみなさんは、どんな『斜めの家』に逢えたかな…その集積が『斜めの家』の小冊子になるといいな…と思っているのです。

Re: No title

hashimotoさん

斜めの家と渡辺洋治さんに出会わせてくださってほんとにありがとう。
あの人見知りの異端児ちゃんな家はこれからいろんなひとに出会うのかも。
そしてどうなるのかな・・・・
あの家がこの世から消えるのはあまりにも哀しい。出会ったばかりで不思議だけれど。





> ひぐちさん。今日もほんとうにありがとうございます。
> みなさん『斜めの家』に純粋にめぐり会いに来てくださったんだと思います。
> そして、ひぐちさんがひぐちさんだけの『斜めの家』に逢えた!! やっぱり!!
> ひぐちさんの『斜めの家』はPOPで、ドアーズのサイケな揺らぎに酔うような潜水艦の船室。
> カッコイイ~~ (≧_≦)!!!!
> 今日、私が期待していたことは、みなさんを介して私の知らない『斜めの家』に出逢うことでした。
> それが叶って嬉しい(ノД`)~、、
> 他のみなさんは、どんな『斜めの家』に逢えたかな…その集積が『斜めの家』の小冊子になるといいな…と思っているのです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。