スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋台巡行。

DSCN1084.jpg
祇園囃子が聞こえてくる夏の朝。
昨年の夏、高田から通った「おせん米展」。
直江津は朝から一日中、屋台が町から町を巡る。祇園囃子とわーっしょい。
その空気に惚れてしまって、直江津への引越しは決定的になった。

個展会場に通う道すがら、出会う屋台が嬉しい。
御幸町の屋台はぎりぎりの細い坂道を登っていく。DSCN1091.jpg
安国寺の屋台のお囃子に、家から出てきたお婆ちゃま。
眺める姿に愛しさが溢れていた。祇園への想いはみんなの心の中に自然にあるのね。DSCN1102.jpg


昨日予約下さった東雲町の名入れ巾着を取りにいらしたお客様。
「雨だから、子供に着せる明日の着替え用の半纏買いにいくんです」・・・とのこと。
帰り道、時折強く降る雨の中、東雲町の屋台。石橋1,2丁目の屋台。
屋台はぬれないようにカバーをかけてるけれど、大人も子供も雨の中で祇園囃子。
笛も太鼓も臆することなく鳴り響く。
一旦家に帰ったけど・・・・・
とってもじっとしてられません。おいらも濡れていきます。

てなわけで、雨の屋台巡行を追いかける。
いつもお立ち寄りくださる素敵なご家族も、御幸町の屋台に。DSCN1112.jpg
浜町 沖見町・・・DSCN1114.jpg
DSCN1121.jpg
雨はしとしと・・・そういえばあけぼの屋台に会わないなーー。
まちなかをぐるぐる回って、屋台の明かりとお囃子を追いかけてると、子供に戻ったみたい。
四ツ屋の屋台が帰ってきた。おかえりなさい。DSCN1130.jpg
雨に濡れたって、みんないい笑顔。住吉町のお囃子は力強くて、雨に負けじ。DSCN1132.jpg
帰って、仕事部屋にて。家のあたりで港町屋台がお囃子。りりたんとしばし見とれてしまい・・ご祝儀忘れた!!
追っかけたけど行っちゃった・・・・ごめんなさい、明日は必ず。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。