スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あわゆきバテンレースの花。

今年の花ロードあわゆき亭は、お着物にバテンレースのエプロンとカチューシャで、お客様をお出迎え。
ドイツ発祥のバテンレースは、日本に渡り雪に覆われた高田の手工芸品となり、お里帰りのドイツで珍重されているそうだ。あわゆき組のNさんが最近習得して、みんなで作りましょうと相成った。
この繊細な手芸を伝えていきたいね・・・だって、ほら!110928_182110_convert_20110928233818.jpg愛らしい・・・・・・
乙女な優しさにあふれているよね。110928_182222_convert_20110928234553.jpg
ひとつひとつが手作りで、時間のかかること、手間のかかることが当たり前だった頃。雪降る雁木の町家のチャノマで女子衆が集まって、とりとめない話をしながら可愛らしいものを作ってる。そんな時間は優しい灯みたい。
その心が花のかたちになっていく。110928_190206_convert_20110928235854.jpg
あわゆきのみんなも、いつも以上にやさし乙女の笑顔。マダムHさまのホームメイドケーキも嬉しい。
バテンレースを作り素敵に纏うことで、ぜいたくじゃないけど小さな幸せが大切だった暮らしを伝えていきたいね。ぶきっちょ倶楽部の自分はお茶を淹れたり、お菓子を食べたり。だって罰点レースになっちゃうもの。
そしてあわゆき男子部が、なんとお裁縫道具片手にやる気まんまんで登場だ!!
おいらは制作もあるしと、高田小町の闇にフェイドアウト・・・・・・・Nさん、カチューシャよろしくです。
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。v-218私も参加したかったぁ~v-237

Re: No title

terumiさん

terumiさんならあっと言う間に完成しちゃいそう。
ベアに上越ならではのバテンレースや雪下駄、角巻きをあしらったら素敵かも!
かみえちごベア!?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。