スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごい雨。

今夜から
来月の「お餞米展」に向けての制作を始めた。
「お餞米」とは上越市の海沿いの街 直江津に古来から伝わるお祭り。
19町内の屋台(山車)がそれぞれ米俵を八坂神社に奉納する。
毎年見に行かずにはいられない。
それぞれに趣向をこらした屋台。笛や太鼓の祭囃子。
町内の人々の情熱が何より素晴らしい!!
昨年は12町の屋台しか描けず無念・・・・でも今年は屋台はもちろん、いろいろいっぱい描く。
今の気持ちのすべてを制作に傾ける。
それも自分にとって ひとつの課題。
追い込んでいきたい。
自分を励まし自分と戦い。
お餞米を伝え行く人たちに敬意を持って。よろしくお願いしますの気持ち。

自分を振り返って 敬意を忘れていないか?
それは恥ずべきことだと思う。
思い上がりほど愚かな姿はない。
ひとりじゃ何も出来なかった自分を忘れるなかれ・・・
ひとの気持ち見ない優しさは押し売り。
悔やむなら・・・・描くことで
ごめんなさいって伝えたい。ことばより それが自分に出来る一番の事だから。
スポンサーサイト

コメント

「おせん米」の謎

直江津の「つっかけmap」を手に入れたのですが、おせん米って何?と頭の中をグルグルしてました。
お陰で納得です。
読み方は、「おせんまい」?

No title

ジローさん
おせん米(おせんまい)について言えば 直江津人はみんな仕事を休んでもお餞米!だそうです。いいお祭りです。ジローさん、29日に八坂神社にぜひ!!
23日からのお餞米展にぜひ!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。