スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンゲン雪上機。


久々の青空。おでんや千石さんに直江津カレンダーを納品に伺い、てくてくザクザク。小路にはまだまだ雪残り。
曲がりくねった雁木のお肉屋さんで、挽肉買ったら「雁木がなくなっちゃって寂しくてね」ってお母さん。ほんとにここは、直江津では珍しい雁木なのよね。
えびす稲荷まで歩いて海を臨む。いつもならここから海に降りれるの。でも今日はこんもり坂道、NO除雪だなぁ。。。。。。。。。。
降りてみよっと!
少し足跡あるから誰か試みたのだろうね。でも途中から腿までもぐる手付かずの雪。踏み固めて少しずつ行けばいいけどそれでもズブズブもぐるしさ。意外にも、ムーンウォーク風というか、飛び跳ねるように歩くとそれほど沈まない。体重かけなきゃいいわけよ。なんかアホっぽいけど。
そして無事?に海に到達。
浜の雪は意外と固くて歩きやすい気がした。
ひとっこひとりいなくて、端ではダンプの排雪行列。
海藻がたくさん流れ着いてて、磯の香りがかぐわしい。ご飯のおかずになりそうな香り。
Kちゃんに 銀葉草ある?て聞かれたけど、どれかな。。今度しらべてまた来る。

波打ち際には当然雪はないから、長靴もほっと一息。そしてちっとも冷たくない。

夏は、海から秋になるんだなぁって感じてた。春も海から始まるのかもしれないね。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。