スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町家と柴犬。


町家には柴犬が似合う。。。と常々思っているのだけれど、ちゃんと柴犬がいたりする。このこはダイちゃん。数年前にあわゆき道中で見学と、休憩させて頂いたこちらの町家は、一歩入ればその素晴らしさに圧倒される。立派な柱と、豪快で美しく高く高く組まれた梁り組。高窓からの光が梁り組から降り注ぐ。雪に埋れた二月に、角巻とマフラーにくるまれながら火鉢にあたり、絵葉書屋を開いたっけ。
表二階の押入れの襖には、貴重な金唐革紙が張ってある。
これからの時代、町家はきっともっと貴重な建物になっていくと思う。。暮らしの歴史を語るもの。。。
気づかなきゃいけない人達が、俺らが俺らがってもめちゃってる。なんだかなー。




iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。